Now loading

たくさんの仲間たち
その他の動物

バナナワニ園にはワニしかいないと思われている方も多いですが、実は他にも魅力的な動物がたくさんいます。
体重200キロ年齢100歳のゾウガメや、隠れた人気者オオバタン、オオサンショウウオ、フラミンゴなど、このページではバナナワニ園の楽しい仲間たちをご紹介します。

01

体重200キロ、年齢100歳!?ゾウガメ

インド洋にあるセーシェル諸島が故郷のアルダブラゾウガメを飼育しています。当園で一番大きなカメは、なんと体重200キロ、年齢も100歳を超えています。季節限定でゾウガメとのふれあいイベントも開催。是非ゾウガメの頭や甲羅をなでなでしてあげてください。30kg以下のお子様はゾウガメの背中に乗っていただくこともできます。人懐っこく近寄ってくるゾウガメの、愛らしい姿をお楽しみください。 ※ふれあいイベントの詳しい開催時期はお問い合わせください。

02

当園の隠れた人気者オオバタン

大型インコのオオバタンは、当園の隠れた人気者です。大きな声で「おはよう」「バイバイ」としゃべり、ダイナミックなダンスも披露します。子供や女性が大好きなオオバタンはゲージに近づき声をかけるとおしゃべりしながら近づいてきます。あまりおしゃべりしてないな、機嫌が悪いのかな? というときは、ゲージの前を通り過ぎるふりをしてみてください。きっと寂しくなっておしゃべりを始めてくれますよ。

03

餌を食べるとき、実は俊敏オオサンショウウオ

井伏鱒二の短編小説「山椒魚」でおなじみ、オオサンショウウオ。
当園で飼育している個体は中国が故郷の種類で、食欲旺盛で成長が早く、約1.5メートルにも成長します。一見「おっとり」しているようにみえますが、餌を食べるときの動作はとても俊敏。目にも止まらぬその動きを見ると、普段の姿とのギャップに驚かされます。

04

1本足で立つ姿が凛々しい?フラミンゴ

キューバ政府より寄贈された、濃いピンク色のベニフラミンゴと、薄いピンク色をしたチリフラミンゴを飼育しています。フラミンゴと言えば1本足で凛々しく立つ姿を思い浮かべられますが、あの体勢、実は2本足で立つと体温を奪われるため、1本足で立って休んでいる姿なのです。凛々しく立っているように見えて実は色々気苦労があるのかもしれませんね。